“居心地がよく”て、“気にしない”ということ。

CULTURE16.09.21

この記事をシェア
“居心地がよく”て、“気にしない”ということ。

タイにかかわるようになってからタイ語を勉強し始めました。

おはよう、こんにちはなど基本的な挨拶は「サワッディー」。サンスクリット語で“吉祥”を意味するこの言葉は比較的新しく(20世紀)作られた造語です。
ありがとうは「コップ・クン」。それぞれ、丁寧にする場合は語尾に男性は「クラップ」、女性は「カー」をつけます。
タイレストランやマッサージ店で女性店員さんに「サワッディー・カー(いらっしゃいませ!)」「コップクン・カー(ありがとうございました)」と声を掛けられたことがある方も多いのでは。

タイ人が良く使う言葉を学んで気がつきましたのが彼らが「居心地が良」くて「気にしない」状態が大好きだということ。
下の二つの言葉は本当に、頻繁にタイ人の口から出てくる、いわば国民的口癖です。

☆居心地がいい、気持ちがいい、元気!:サバイ
☆気にしない、大丈夫、問題なーい!:マイペンライ

やさしくておおらかで細かなことは気にしない、タイ人のひととなりを表す素敵な言葉たち。
日々忙し気に過ごす身としては、ちょっぴり羨ましく思ったりも致します。

※写真はタイ南部サムイ島旅行で立ち寄った朝の市場の風景です。
 地方ならではののんびりした雰囲気、清々しい朝はまさに、サバーイ^^

この記事をシェア

N-J (N-J)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD