極上シーフードレストラン!Seafood at Trisara (トリサラ) @プーケット

RESTAURANT17.12.28

この記事をシェア
極上シーフードレストラン!Seafood at Trisara (トリサラ) @プーケット

Hello, サワディーカ~ きょんです♪

タイでは秋から冬にかけて乾季が訪れます。
気温は日中は32~33°C、最低気温は25°C前後で湿度が低く、雨はほとんど降りません。
海の透明度も高くて天候に左右されずマリンスポーツを楽しめることが多いので、まさに乾季はアイランドトリップにぴったり!

今回はプーケットの極上レストランをご紹介します。

乾季の時期は地域によって異なりますが、プーケットは11月~3月頃がベストシーズン。
ぜひこの冬訪れていただきたい場所です。

 

どんなレストラン?

プーケットで5つ星を獲得したホテル「Trisara (トリサラ)」。
全室オーシャンビューでプライベートプール付きの豪華なヴィラ・リゾートです。
「Trisara」とはサンスクリット語で「天国の第3の楽園」を意味する言葉。
その名の通り、極上の体験ができるホテルです。

そのホテルの中にあるレストランが「Seafood at Trisara (シーフード アット トリサラ) 」。
ホテル宿泊者でなくても利用できるので、プーケットでラグジュアリーなレストランを探している方にオススメです。

(写真:店内の様子)

 

お店の場所、行き方は?

プーケットの西岸に位置し、空港から車でわずか15分。
Trisaraに依頼すると送迎の車を手配してもらうこともできます。

私たちは宿泊しているホテルからタクシーで向かいました。

パトンやスリンなどプーケットの主要ビーチから程よく離れた位置にあるので、都会の喧騒から離れて静かに過ごしたい方にはうってつけの立地です。
(詳細は末尾のGoogle Mapをご覧ください)

 

店内の様子

レストランの目の前には静かなビーチが広がります。
もちろん店内席もありますが、天気が良ければオープンエアがおすすめです。
ちょうど夕方にうかがったので、アンダマン海の美しいサンセットを目の前に見ながら食事をすることができました。


(写真:目の前のビーチで美しい夕焼けが見られます)

 

どんなメニューがあるの?

Trisaraのメニューはタイの伝統的なお母さんのレシピにインスパイアされて作られているそうです。
新鮮なシーフードを使ったタイ料理がリラックスした海辺の雰囲気の中で提供されています。

(写真:プーケット産のロブスターや蟹も!)

新鮮な蟹を使ったプーパッポンカリーをオーダーしました。
辛すぎず脂っこさのないカレー。ぷりぷり新鮮な蟹が病みつきになる美味しさです。


(写真:Gam Poo Phad Pong Kari 1200バーツ=約4080円)

どのメニューも絶品!
素敵な雰囲気の中で思い出に残るタイ料理をいただくことができました。

料理の味はもちろんのこと、感動したのはその接客です。

私達は子連れでうかがったので子どもがご迷惑にならないか少し恐縮していたのですが、
子どもが飽きないように色鉛筆や塗り絵を出してくれたり、子どもに食べやすいメニューをレコメンドしてくれたり。
にこやかな笑顔でキッズフレンドリーな対応をしてくれて大変助かりました。
店内を眺めると、子連れのお客様もチラホラ。
席が離れているので、あまり気になることはありませんでした。

もちろん子連れのお客様以外も素敵な雰囲気の中でゆったり過ごせます。

プーケットの中でレストランはいくつも行きましたが、お店の雰囲気も料理の味も接客も、Trisaraが1番良くて思い出に残りました。

プーケットの海辺でラグジュアリーな体験をしたい方はぜひ予約してみてください。
美しい海辺の景色と美味しいシーフードが貴方を待っています。

 

店舗情報

Seafood at Trisara (シーフード アット トリサラ)
住所: 60/1 Moo 6, Srisoonthorn Road, Cherngtalay, Thalang, Phuket 83110
営業時間: 18:00~22:30
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら

この記事をシェア

Kyon (きょん)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD