バンコク女子旅で叶えたい10のこと

TOPICS18.01.15

この記事をシェア
バンコク女子旅で叶えたい10のこと

海外旅行が身近になった今、女性同士で海外へ出かける方もたくさんいらっしゃいますよね。

なかでも、日本からタイ航空及び多くの直行便が飛んでいるタイ・バンコクは気軽に訪れることができて、女子旅にぴったりの場所です♪

今回は、そんなバンコクの女子旅で叶えたいことについて10つにまとめてみました。

 

1 美しいお寺見学で心洗われる

タイは、国民の90%以上が仏教を信仰する仏教の国で、金色に光輝く美しいお寺は一見の価値があり。

特に三大寺院と呼ばれるワット・プラケオ、ワット・アルン、ワット・ポーは一通りおさえておきたいところです。

参考記事はこちら→修復工事が終わったばかり!白く美しいワット・アルン

 

2 格安マッサージやスパで癒やされる

タイでは日本に比べて非常に安く、本格マッサージを受けることができます。

都心部のローカルなマッサージ店でのタイ古式マッサージの相場は1時間300バーツ(約1,050円)ほど。この機会に、たっぷり癒やしてもらいましょう。

オイルマッサージなどのスパメニューも日本に比べれば格安。ちょっと奮発して、スパでお姫様気分を味わうのもおすすめです。

 

3 フォトジェニックスポットで最高の一枚を

近年、バンコクにもInstagramで人気の色とりどりなフォトジェニックスポットがたくさんあります。

なかでも、幻想的な天井画で有名なお寺「ワットパクナム」はおすすめ。その美しさに写真を撮るのも忘れて見入っちゃうかも。

参考記事はこちら→話題の美しすぎる寺院「ワットパクナム」へ

 

4 憧れのアフタヌーンティー

三段トレイに美しく盛られたアフタヌーンティーセットは、女性の永遠の憧れではないでしょうか?

バンコクのアフタヌーンティーの一番人気は、映画「サヨナライツカ」の舞台にもなったタイを代表するホテル・マンダリンオリエンタルバンコクのアフタヌーンティー。憧れのホテルで過ごす贅沢な時間は、最高の癒しになるはず。

参考記事はこちら→アフタヌーンティーin Bangkok の比較

 

5 南国フルーツに舌鼓

タイには日本ではあまり食べることができない、新鮮な南国フルーツがたくさんあります。

特にタイで大人気のマンゴーは、タイに来たら一回は食べないと!

参考記事はこちら→バンコクの美味しいマンゴーデザートの店3選

 

6 ウィークエンドマーケットでショッピング

毎週末に開かれるチャトチャック(JJ)ウィークエンドマーケットは巨大な市場。

タイらしいアジアン雑貨のほか、洋服などのファッションアイテムも格安で売っています。掘り出し物を見つけに行きましょう!

参考記事はこちら→バンコクでお土産を買うならやっぱりココ!世界最大規模の市場・JJで見つけたときめくもの

 

7 タイ発のスパグッズを大人買い

世界的に人気のスパブランドの中には、HARNN、THANN、PANPURIなどタイ発のものがたくさんあります。

やっぱり本場で買うのが一番お得なので、この機会に大人買いしちゃいましょう。

参考記事はこちら→美容大国タイ!4大おすすめスパグッズブランド

 

8 本場ならではの美味しいタイ料理を堪能

トムヤムクン、グリーンカレー、ガパオライスなどのスパイシーなタイ料理は、今や日本でも大人気ですよね。内装も素敵なおしゃれなレストランで、本場の味に舌鼓。

参考記事はこちら→ワットアルンが見える!新オープンのタイ料理レストラン(Supanniga Eating Room)

参考記事②はこちら→マッサマンカレーが美味しい!TALING PLING (タリンプリン)

 

9 タイならではの屋台料理に挑戦

おしゃれなレストランも良いけれど、ローカルな屋台や食堂にもチャレンジしてみたいですよね。

ちょっと勇気がいるけれど、観光客にも人気の店を選べば、初心者でも安心して屋台料理を楽しめますよ♪

参考記事はこちら→バンコクで訪れたい!ローカル感が魅力のタイ料理食堂3選

 

10 ルーフトップバーから夜景を眺める

高層ビルの屋上にオープンエアのルーフトップバーがあるのも、タイならでは。カクテル片手に夜風に吹かれつつ、バンコクの美しい夜景を眺めましょう。

参考記事はこちら→【地上49階のルーフトップバー。ハッピアワーならカクテル半額♪】Octave@トンロー

 

以上、バンコク女子旅で叶えたい10のことをまとめてみました。女子旅にぴったりの街バンコクで、非日常を楽しんでいってください!

※文中の日本円表記は1バーツ≒3.5円で計算(2018年1月現在) 

この記事をシェア

サク (Saku)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD