タイの物価事情。私が生活の中でお得感を感じるもの♪

TRAVEL17.05.13

この記事をシェア
タイの物価事情。私が生活の中でお得感を感じるもの♪

タイといえば物価が安く、「お買い物天国」というイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。

実は、私が初めてタイを訪れた15年前と比較すると物価は2倍以上に高騰しており、近年は一概にそうは言えません。それでも、例えばタイマッサージは2時間で400バーツ程度(近年は4掛けで1600円)、チップは50バーツ程度(200円)、屋台のご飯は一杯40バーツ程度(160円)、スカイトレイン(BTS)も一回15バーツ程度(60円)と、日本に比べたらやっぱり安い!

今回は、タイに来たら是非体験してほしい、私がタイ生活の中でお得感を感じるものをご紹介します♪

オーガニックフードが安くて大人気!

図1
(写真:タイのスーパーにあるオーガニックコーナー)

近年、食の安全性を求めて、タイではオーガニック食材が大ブーム。地元のスーパーでは様々なオーガニックブランドが並びます。私自身も子供には少しでも安全で身体に害のないものを食べさせたいという思いからよく購入するのですが、日本のオーガニック専門店にある食材と比較すると、タイではなんと1/3ぐらいの価格で手に入るのです。

また、バンコクにはオーガニック食材をメインに調理したレストランやカフェも多く、日本で食べたら大体1,500円前後のお食事が1,000円以下でいただけちゃうのも嬉しいですね。

お洋服は、市場でのショッピングが断然おすすめ!

図2
(写真:火タラにて)

ショッピングモール、デパート等に並ぶ衣類やアクセサリー等の価格は日本とは変わりません。一方で、タイに豊富にある市場に売っているものは、クオリティーは決して低いものではない上に、きちんとトレンドも抑えているため、多くのタイ人が集まっています。

例えば、お洒落なTシャツで1枚大体250バーツ(1000円)前後。サンダルや可愛いヒールなんかでも300バーツ(1200円)前後で売っていたりして、ついつい色違いを揃えてしまったり。お土産なんかにも喜ばれるので日本からお友達が来た際は毎回市場へ案内しています。特にお薦めなのは、チャトゥチャック市場や、火曜市場(火タラ)、木曜市場(木タラ)、タラートロッファイ等。

図3
(写真:木タラにて)

※チャトゥチャックウィークエンド市場
(毎週土、日曜日の8時~19時)
-MRTガムペーンペット駅下車 2番出口からすぐ
※火タラ&木タラ
(毎週火、木曜日の朝8時~14時)
-スクンビットsoi21通りにあるシーナカリン大学の敷地内にて開催
※タラートロッファイ
(毎週月曜日以外の18時~時)
-MRTタイカルチャーセンター駅下車 徒歩3分

移動手段はタクシーを使い倒そう!

図5
(写真:タイのタクシー)

ピンクやオレンジなどの派手な色が目につくタクシーは、なんと初乗り35バーツ(140円)。1時間近く乗るような長距離でも200~300バーツ(800〜1200円)以内でおさまるので、移動手段にはかかせない乗り物となっています。

最近はアジアのウーバーと呼ばれるGrabTaxiも増え始め、深夜やなかなか捕まらない場所に居る場合はアプリからタクシーを呼ぶことも可能。GrabTaxiでは、清算は事前に登録しておいたクレジットカードで支払うことができます。一般のタクシーより2割ほど高いですが、安心をこの程度の価格で買えるのは本当に嬉しいことですよね。

図4
(写真:初乗り金額)

※Grab Taxi
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grabtaxi.passenger&hl=ja

コンビニ&スターバックスが、日本より安い!

 
7121129507_9cd96746e4_b
(写真:セブンイレブン)

バンコクには、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンが沢山あり、タイ限定のコンビニオリジナル商品なども販売されています。

例を挙げると、プレミアムロール等のコンビニオリジナルの菓子パン等は20バーツ(80円)程度、最近販売され始めたおにぎりで27バーツ(108円)、温めるだけで食べられるガパオライスやグリーンカレー等は30~45バーツ(120〜180円)。ミネラルウォーターは500㎖で7バーツ(280円)、コーラやスプライト等の飲料は17バーツ(68円)程度と、日本では考えられない安さです。

またタイでも大人気のスターバックスの物価は、Tallサイズのコーヒー1杯で125バーツ(500円)、フラペチーノは160バーツ(640円)程度、マフィンやドーナツ等は30~60バーツ(120〜240円)といった感じで、日本よりも少し安いぐらい。

しかしBUY 1 GET1FREE(1つ買ったらもう1つタダでついてくる)が大好きなタイ人に向けてスタバではキャンペーンが頻繁に行われており、お友達と買えばいつもの価格の半分で頂けるので、タイの人達は仕事仲間や運動仲間を引き連れてお喋りしながら列を作っています。

図6
(写真:コンビニのおにぎり)

図7
(写真:コンビニのプレミアムロール)

図8
(写真:コンビニのガパオライスなど)

 

今回は、タイの近年の物価事情について案外知られていない物にフォーカスしてみましたが、いかがでしたか? まだまだ日本よりクオリティが高くないものもありますが、今回挙げた物については大変お得感を感じるのではないかな?と思います。

多くの観光客、タイ在住外国人に大人気とされる理由の一つがここに隠されていますよ。

タイに訪れた際は是非体感してみてくださいね♪

(Photo via Flickr)

この記事をシェア

さやか (SAYAKA)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD