弾丸旅行でも回れちゃうチェンマイお薦めスポット♪

TRAVEL17.07.17

この記事をシェア
弾丸旅行でも回れちゃうチェンマイお薦めスポット♪

こんにちは!ミヤです。

今回はたった半日でもチェンマイを満喫出来ちゃうお薦めスポットをご紹介します。
下記は、滞在していたパンヴィマンスパリゾートチェンマイ(http://www.panviman.com/)を昼頃に出発して、17時頃まで遊んだプランになります♪

1.メーサーエレファントキャンプ

まずはチェンマイで有名なアクティビティの1つの象のライディング。
パンヴィマンスパリゾートチェンマイから車で15分の、”メーサーエレファントキャンプ”に行ってきました。

入場料は大人:120B、子供:80B とお手頃♪
ただし、敷地内で体験できる、①象のライディング②エサやり体験③象との記念写真④エレファントショー、はそれぞれ別料金なので要注意。

zou

その中でも私たちは象のライディングに挑戦。料金は、30分コース(二人乗り)で500Bでした!

19820942_1396483117108662_1497704533_o

象なんて今まで動物園とかで遠くから見ている位だったから、
柵を越えて真近で象と触れ合うこの機会はとても貴重な時間になりました。

近くで見ると想像してた以上に大きく、乗ってみるとかなりの高さ。迫力があり、驚きました!

でも心配ご無用。お散歩のスピードはとてもゆっくりで回りの景色を楽しむ余裕もあるほど楽しめますよ♪
象の毛がタワシの様に硬いだなんて知れたのも、身近に触れる経験が出来たからこそですよね。

メーサー エレファント キャンプ (Maesa Elephant Camp)
住所:119/9 Tapae Rd.
 | Mae Sa SubdistrictMae Rim 50100, Thailand
サイト:https://maesaelephantcamp.com/

2.首長族に会いに!

お次はエレファントキャンプから車で15分ほどの、様々な山岳民族が生活している村”Long Neck Karen Camp”へ。
入場料は一人500バーツでした。

カヤン族(いわゆる首長族)の他にもカレン族やヤオ族の方がいます。
ラオス、ミャンマーの国境近くで生活している彼らは、国を持っていないのだそう。

中には田んぼがあったり水車が回っていたり
初めて訪れた場所なのにどこか懐かしくてまるで昔の日本の里山風景の様でした。

19840278_1396508007106173_1963189878_o

村の方も民族衣装がとてもオシャレ!日本にはない色使いでとても興味深いものでした。
実際に機織りをしながらお土産用の織物も作られていました。

19840396_1396483967108577_100510608_o

19807588_1396484607108513_936599273_o

他にも順路には銀製品や雑貨等の手作りのお土産がズラリ♪
観光地ですがお土産を見ていても決して押し付けがましくなく、そこもまた心地よかったです。

観光地のお土産屋さんって買え!!っていうオーラが半端なくて
見たくても躊躇しちゃうところってよくありますよね。

けどチェンマイはどこへ行ってもそんな場所はありませんでした。
みんなのんびりゆったり。

首長族のエリアでは、首飾りをつけて一緒に写真を撮ってくれました♪
こんなに重いものを一日中つけているとは、びっくり!

19859001_1396483957108578_52980817_o

ロングネックカレンキャンプ(Long Neck Karen Camp)
住所:Baan Tong Luang | Mae Raem Subdistrict, Mae Rim 50180, Thailand +66 53 705 337
サイト:http://www.longneckkaren.com/longneck.php

3.チェンマイ市内へ

山岳民族の村を後にして車を走らせ、約30分。チェンマイの市内へ。

チェンマイはその昔、タイ北部を一手に治めていたランナー王国の首都で、今でも街のところどころに城壁の跡が残ります。
現在も市内の中心地である旧市街の東にあるのが、有名な歴史的建造物のターペー門。

レンガが積み上げられた高い壁がこのように立ちはだかっています。
周辺は広場になっているので、公園にくるような雰囲気で鑑賞でき、写真撮影をする観光客も多々。

tape

ここでお昼に丁度いい時間になったので一旦休憩。

ターペー門近くのThe Coffee clubにてお昼をとりました。
ドリンクもとてもボリューミーでおしゃれ!タイ人はインスタグラムなどのSNSが大好きなので、カフェのメニューもフォトジェニックを意識したものが多いように思えます。女子としては嬉しいですね!

cafe2

味もとても美味しかったですよ♪

The Coffee club
住所:2-6 Rajadamnern Road Hotel M Thapae | Gate, Chiang Mai, Thailand
FBページ:https://www.facebook.com/pages/The-Coffee-Club-Thailand-At-Hotel-M-Chiangmai/352505151517327

4.チェンマイのローカル市場へ

エナジーチャージをした後は旅のお土産を探しに最後の目的地へ。

まずはじめに、日用雑貨や食品を扱っている、ワロロット市場。
いわゆるタイのローカル市場を味わいたいならオススメ!

市場で売っている新鮮なフルーツをその場で食べたり、目新しい物が沢山ある場所なので、見るだけでも結構楽しめます。

itiba

カート ルアン(ワロロット市場)
住所:Witchayanon Rd. T. Changmoi, A. Muang, Chiang Mai 50300
営業時間:6:00~18:00(建物内) 、07:00~深夜(外)

そしてそのすぐ裏手にあるモン族市場。

mon1

こちらは、思わず写真に収めたくなるような色とりどりの雑貨がズラリ!
手作りのカバンや財布、ポーチにクッションカバー、生地のみでも販売しています。
地元の方もよく使う場所なので価格もとても良心的です。

まとめ買いをすると少しおまけもしてくれます。
お土産に買ったポーチが可愛くって、自分の分も買って来ればよかったなぁと今になって後悔。。

女子には特にオススメのマーケットですよ♪

モン族市場
住所:Soi Mong, Off Kuang Men Road, Chiang Mai
営業時間:8:00〜17:00

まとめ

日程としては短い旅でしたが、リゾートホテルでのんびり過ごしたり、
1日かけて有名どころの観光地を巡ることもできたので、大満足の旅となりました◎

チェンマイ自体が高地という事もあってバンコクよりも気温も快適です。

ちょっと短い休みでもチェンマイは満喫できると思うので、
どこか旅行しに行きたいなと思ったらチェンマイはお薦めですよ♪

この記事をシェア

(ミヤ)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD