• ニューヨークや東京にも進出!イサーン(東北)料理の人気店「Somtum Der (ソムタムダー)」@サラデーン

ニューヨークや東京にも進出!イサーン(東北)料理の人気店「Somtum Der (ソムタムダー)」@サラデーン

RESTAURANT17.11.7

この記事をシェア
ニューヨークや東京にも進出!イサーン(東北)料理の人気店「Somtum Der (ソムタムダー)」@サラデーン

Hello, サワディーカ~ きょんです♪

タイ料理といえばどんな料理を思い浮かべますか?

トムヤムクン、ガパオ、グリーンカレー、カオソーイ、パッタイ等…
タイ好き女子の皆さんは「コレ!」というメニューが色々あるかと思いますが、今回はイサーン(東北)料理の名物「ソムタム」の名店をご紹介します。
ソムタム以外の料理ももちろん美味しいので、ぜひ色々試してみてくださいね!

 

ソムタムってどんな料理?

ソムタム(ส้มตำ)は青パパイヤを使ったタイのサラダです。
サラダにパパイヤを使うの?とちょっと意外に思いますが、熟す前のものなので食感はシャクシャク。
キュウリや細切りの大根等の野菜に似た感じでさっぱりと食べられます。

実はこの青パパイヤに含まれる「パパイン酵素」が脂肪やタンパク質を分解する能力を持っていて、美容にいい成分として知られています。
熟したパパイヤには含まれず熱で調理すると壊れてしまう成分なので、サラダにして食べるソムタムはまさに美容にぴったり!
タイのモデルさんや女優さんもソムタムを好んで食べているそうなので、タイ好き女子の皆様にもオススメしたいメニューです♪

 

ソムタムの人気店「Somtum Der (ソムタムダー)」

こちらはタイのイサーン(東北)料理の人気店。
以前ご紹介したタイの人気レストラン「Supanniga Eating Room」と同じグループです。

もともと味に定評のあるスパンニガーグループですが「Somtum Der」ブランドとしてはニューヨークにも進出しミシュラン1つ星を獲得しました。つまり味はお墨付き!

他にもホーチミン等にも出店していますが、今回はバンコクのサラデーンにある本店にうかがいました。

 

お店の場所、行き方は?

サラデーン駅より徒歩5分ほど。タイの老舗高級ホテル「デュシタニバンコク」にほど近い場所にあります。
詳細は末尾のGoogle Mapをご確認ください。

 

店舗の様子

周辺はオフィス街。お昼時に歩くとタイのオフィスワーカー達がお昼ご飯を買う屋台が出ています。
屋台などがある通りを進んでいくと、左手に「Somtum Der」の店舗が見えてきました。

(写真:店舗外観。公式ホームページより)

(写真:店内はカジュアルですがおしゃれな雰囲気です)

(写真:店内カウンター)

カウンター越しに店員さんが調理をしているのが見えます。
ポクポク♪ といい音がするのは、ソムタム作りにかかせないクロックヒン(石臼)で香辛料や具材を叩いて混ぜているからです。
屋台などでもお馴染みのこの音を聞くといつもタイにいるなぁという気分になります。

 

どんなメニューがあるの?

オーダーしたのはこちら!

 

(写真:Tum Thai 60バーツ=約204円)

シグニチャーメニューのソムタムタイです。
さっぱりとした青パパイヤは食べやすく、干し海老とピーナッツの味わいがアクセントになっています。
タイらしい酸っぱ辛さはやみつきになる味です!

(写真:Grilled Pork 85バーツ=約285円)

こちらもイサーン料理の名物、コームーヤーン(豚の喉肉の炙り焼き)です。
脂が乗っててやわらかくてとっても美味しい!
カオニャオ(蒸した餅米)と一緒にいただきました。

友人と2人で行ったのですが、かなり量が多くてこれだけでお腹いっぱい!
屋台並みに安くて美味しいのに量が多くて、とっても満足できました。

 

実はこちらのお店、今年9月に東京の代々木に新店舗をオープンしたばかりとのこと。
日本初進出ですので、お近くの方はぜひ行ってみて下さいね!

代々木店についての詳細はこちら、公式ホームページをご覧ください。

 

店舗情報

Somtum Der (ソムタムダー)
住所: 5/5 Saladaeng Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500
営業時間: 11:30〜14:30、16:00〜22:30 (L.O. 22:00)
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら

※1バーツ=3.4円(2017年11月現在のレート)で換算しています。

この記事をシェア

Kyon (きょん)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD