マッサマンカレーが美味しい!TALING PLING (タリンプリン)

RESTAURANT17.09.14

この記事をシェア
マッサマンカレーが美味しい!TALING PLING (タリンプリン)

Hello, サワディーカ~ きょんです♪
バンコク在住の私は、日本から来た友達を連れていくため美味しいタイ料理レストランをいくつもリストアップしています。
今回はその中でも特に女性に喜ばれるステキなタイ料理レストランを紹介します!

TALING PLING (タリンプリン)

こちらはタイのガイドブックに必ず載ってると言ってもいいほど有名店。

調べてみると「タリンプリン」とはタイ語でスターフルーツのこと。タイ料理の酸味づけに使われている食材です。
お店の名前はタイ漫画界のパイオニアで、現オーナーの祖父プラユーンさんが命名したそうです。

(写真:看板に使われているかわいいキャラクターもプラユーンさんの絵)

タリンプリンの支店はいくつかありますが、今回はトンロー店にお邪魔しました。

 

お店の場所、行き方は?

お店の場所は、BTSトンロー駅から徒歩10分位。
歩ける距離ですが少し遠いので、お店に電話をするとソイ34の入口までトゥクトゥクでお迎えに来てくれます。
店舗の場所の詳細は末尾のGoogle Mapをご覧ください。

(写真:お迎えに来てくれるのはピンクのかわいいトゥクトゥクです!)

 

店舗の様子

トンローの高級住宅街の中に突然お店が現れます。

(写真:広い敷地の一軒家レストラン。店内からはお庭を見ることもできます)

入口にはレトロでカワイイトゥクトゥクが飾られていました。

(写真:希望するとここに乗って記念写真を撮ってくれます!)

店内は広くてモダンなデザイン。
お客さんがたくさんいる時間帯でも広々としているのであまり騒がしく感じません。

(写真: 天井が高くて女子が喜ぶおしゃれな雰囲気)

どんなメニューがおすすめ?

メニューはページ数がかなり多いです!
いろんな種類がありますが、どれを選んでもハズレなく美味しいタイ料理ばかりです♪

(写真:季節野菜とナムプリックロンルア 135バーツ =約432円)

ナムプリックロンルアとは、写真右手のソースのこと。
ナム・プリック = タイのディップソース
ロン・ルア = 船に乗る
昔タイの船上の保存食として作られたソースなのだそうです。
ピリ辛のソースを季節野菜に付けていただきます♪

そして1番のオススメがこちら。タリンプリン名物のマッサマンカレー!

(写真:マッサマンカレー 165バーツ=約528円)

こちらはビーフ入りですが、他にもチキンとポークが選べます。
タイでは牛肉があまりスタンダードでないためなかなか美味しいものに出会えませんが、こちらのビーフはとってもジューシー。
骨つき肉がゴロゴロ入っていますが、お肉はスプーンでほぐせる位にとろとろ。

カレーの味は辛すぎず甘すぎず複雑なスパイスの風味が効いています。
マイルドなので激辛が苦手な私でも「美味しい!」とパクパク食べられてしまうほど。
今回は添えてあるパン(ロティ)に付けて食べましたが、お好みでライスを頼んでもOK。白米か黒米が選べます。

マッサマンカレーは、2011年にアメリカCNNの「世界で最も美味しい料理ランキング50」(World’s 50 most delicious foods)で1位に選出されたことから世界的に有名になりました。
日本でもここ数年レトルトやインスタント食品等が発売されたりして、よく話題になってますよね!
タリンプリンのマッサマンカレーはシグネチャーメニューだけあって本当に美味しいです。
マッサマンカレーが好きな方はもちろん、初めて食べる方にもオススメできる逸品です。

ドリンクは、スムージーを中心にコーヒーや紅茶など様々な種類があります。

(写真:レモングラスとハチミツのスムージー 95バーツ=約304円)

デザートはマンゴーでさっぱり締めました。
カオニャオ(甘い餅米)は人によりますが、ハマると大好きになる味です!

ステキな雰囲気なのにお手頃値価格。夜も同じ値段設定だそうなのでお得ですね。

日本から来た友達を連れて行くと喜ばれるお店ナンバーワン!
タリンプリンに、あなたもぜひ足を運んでみて下さい♪

店舗情報

TALING PLING (タリンプリン)
住所: 25 Suphang Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon
営業時間: 11:00〜22:00
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら

この記事をシェア

Kyon (きょん)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD