お花パラダイス♡24時間営業のパーククローン花市場

SHOPPING17.11.25

この記事をシェア
お花パラダイス♡24時間営業のパーククローン花市場

サワディーカー♪

ここ数年、ワットアルンの夜景を楽しめるリバーサイドのレストランやカフェが増えてきましたが、その後どちらに行きますか?

私がお勧めするのはワットポーから徒歩圏にあるパーククローン花市場です。

24時間営業なので観光の合間にいつでも行く事ができます♪

どんな花市場なの?

パーククローン花市場とは、バンコクのお花屋さんが仕入れにやってくる市場です。数え切れないほどの種類の、色とりどりのお花は、買わずとも見ているだけで癒されますよ♡

特に、バラやトルコキキョウは10本から20本単位で売っているので個人で購入するのにもちょうど良いです。

最も活気が出るのは明け方だそうですが、私のおすすめ時間は20:00以降です。この時間帯だと仕入れの人たちが少ないのでゆっくり見ることができますし、帰りのタクシーが渋滞していません。

パーククローン花市場までの行き方

主な行き方になります。

ワトッポーやメイクミーマンゴースパンニガーBlue Whale Maharajからは徒歩7分ほど。

■タクシー

フアランポーン駅からメーターで大体50B(¥170)。

(昼間は渋滞の激しい場所なのでも少しすると思います)

タイ語では「パイ タラート パーククローン カー」

■水上バス

サパーンタクシンからならチャオプラヤーエクスプレスが30分おきに運航しています。

スタッフに行き先を伝えましょう。

船着き場はN6/1のパーククローンピアです。

タイ語では「パイ タラート パーククローン カー」または「フラワーマーケット」でも通じます。

詳しくはGoogleMapをご参照ください。

場内に行ってみましょう!

場内はマリーゴールドや蘭、花輪のプアンマーライや材料の花材でいっぱい♡

ジャスミンや蘭の良い香りに癒されます。

場内は屋根がついているので雨でも気にせずお買い物ができますね。

店頭ではお供え用の花飾りや花輪をおしゃべりしながら作っていました。

通路は荷台やバイクが通るので、まわりに気を付けて楽しんでください。

タイらしい色とりどりの蘭は1束10B(¥34)~。

産地だからか他のお花よりもお安いです。

どこもかしこも花・花・花♡

場内をずんずん進んで大通りに出るとたくさんのショップがあります。

1輪1輪ネットでくるまれていたり、袋に入れてくれるので持ち帰りやすいのもうれしい。

フラワーアレンジやブーケを作ってくれるお店もありました。

どのお花にしようか悩みますね!

グリーンの種類も豊富♡

ただタイは年中真夏。。。

バラなど水揚げの難しい種類は花持ちしないのが悲しいところ。泣

蘭やユリ、スターチスなどの強い種類が向いていそうです。

今回は紫陽花3輪(180B(¥612))とバラ風呂にしようと袋いっぱいの花びら(たしか20B(¥68))を購入。

この紫陽花、購入して一週間以上が経ちますが元気に咲いています。

バラ風呂にしてみました

意気揚々ときれいな物だけを選別したらしたら、袋の下の方が蒸れて傷んでいたので少なくなってしまいました。

次回は咲いている状態のバラで試したいと思います。

旅行中の方でしたらホテルでバラ風呂いかがでしょう♡

泡風呂に花びらを浮かべても♡

 

近くにはローカルのナイトマーケットもあるので、いろいろ組み合わせてぜひ訪れてみてください♪

この記事をシェア

Hitomi (ぴとみ)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD