クラビの熱帯ジャングルで天然温泉♪「Wareerak Hot Spring Retreat」

TRAVEL19.09.7

この記事をシェア
クラビの熱帯ジャングルで天然温泉♪「Wareerak Hot Spring Retreat」

熱帯のタイで温泉!?とびっくりされるかもしれませんが、タイには温泉地が150ヶ所ほどあります!!そのほとんどが国有地内で、主に北部と南部に位置しています。資源保護の目的や、温泉文化が日本のように根付いていないということもあり、温泉として整備され、活用されている場所はまだまだ少ないです。

クラビに天然温泉を活用した先駆的なリトリート施設

そんな中、タイ政府観光局が主催する「Thailand Tourism Awards」のヘルスツーリズム部門賞に3度連続選ばれている先駆的な天然温泉リトリート施設がクラビにあります

クラビと言えば、映画「ザ・ビーチ」のロケ地として世界的に有名になり、手つかずの神秘的な自然が残る秘境のビーチリゾートとして人気です。130以上の島が沖合に点在し、個性的な形の島々を巡るアイランドホッピングも楽しめます。

海を楽しんだ後は、ぜひ内陸部のジャングルへ。エメラルドグリーンの天然プール「サ・モラコット」でも有名なクロムトム地区には、天然温泉を楽しめる滝そしてその近くにエココンシャスなウェルネス施設として名高いWareerak Hot Spring Retreat」(ワリーラック ホットスプリング リトリート)があり、ビーチとはまた違った特別な体験を楽しめます。

Wareerak Hot Spring Retreatの利用者は、タイの他、エココンシャスでウェルネスへの意識が高いヨーロッパの方が多い印象。これまでに3度お邪魔しているのですが、自電車で颯爽と出かけたり、ヨガをしたり、マッサージを受けているドイツや北欧系の方々を見かけました。

タイらしい温泉体験

Wareerakの温泉は、42〜54度の5つの源泉で構成されています。

2017年にドイツのフレゼニウス研究所が行ったテストで、「フッ素含有カルシウム硫酸重炭酸温泉」と評価された薬効のある温泉です。慢性的な凝りや筋肉痛、四十肩・五十肩の緩和、ストレスの解消、安眠効果から、軽い高血圧や糖尿病まで幅広い健康メリットが期待できるそうです。

緑が生い茂るジャングルに囲まれたプライベート感あふれる美しい入浴場には、熱い湯、ぬるま湯、冷たい湯の3種類が用意されていて、順々に浸かることで、温浴効果を高めます。

さらに、タイの新鮮なハーブが入浴剤として使われています。水分補給は水またはココナッツで。

水着でも良いですが、タイらしい入浴着を借りることもできます。

まさに、Wareerakでしか味わえない贅沢な温泉体験です。

気軽に楽しめる料金設定

温泉の利用「Hot Spring Pass」は、500バーツから。その他、1日コースや半日コースもあります。

また、宿泊することも可能です。竹をモチーフにしたエココンシャスなバンブーコテージに宿泊して、温泉の後にオーガニック農園から届く新鮮な野菜で体に優しい食事を楽しめば、体の中からキレイに。美しい花々が咲き誇るお庭も素敵です。

オーナーのプリチャーさんがアオナンビーチに1軒目のホテルを建てたのは約30年前。それからずっとクラビ県の発展に貢献されてきました。津波や洪水の際も大きな援助を行い、地元の人からは英雄と称えられています。温かな人柄と、自然を大事にし、天然温泉を活かしてより多くの方の健康増進をサポートしたいという熱い想いは、Wareerak Hot Spring Retreatの運営全体に浸透しています。

予算を抑えたい方には、ハイシーズン前の9月や10月がお勧めです!クラビは、乾季の11月~2月がハイシーズンです。

Wareerak Hot Spring Retreatの基本情報

住所:18 Moo 7 Khlong Tom Nua, Klong Tom, Muang, Krabi 81120 Thailand
Tel: +66 (0) 75 637130
Fax: +66 (0) 75 637134
Email: reservation@vacationvillage.co.th
Website: https://www.wareerak.co.th/
https://www.facebook.com/wareerakhotspringspa/

 

この記事をシェア

ケーシー (ケーシー・Kasey)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD