10月25日〜29日にプミポン前国王陛下の葬儀が執り行われることが発表

CULTURE17.09.29

この記事をシェア
10月25日〜29日にプミポン前国王陛下の葬儀が執り行われることが発表

昨年10月にプミポン前国王(ラマ9世)が88歳で御崩御され、タイ全土が深い悲しみに包まれたことは記憶に新しいかと思います。そのプミポン前国王の火葬式が2017年10月25日〜29日の5日間にわたって執り行われ、26日(木)はタイ国民が敬愛してやまない前国王に最後のお別れをするための公休日になることが発表されました。

この期間にタイ旅行の計画をされている方もいらっしゃると思うので、考えられる影響や気をつけるポイントをまとめました。

 

王宮・エメラルド寺院の閉鎖、娯楽施設の自粛

火葬式が執り行われるため、バンコクの王宮及びエメラルド寺院は2017年10月1日〜29日の間は閉鎖され、観光ができないことが発表されています。

その他のタイ全国にある観光スポットは基本的に通常通り開かれることとなってますが、自主的に娯楽色を弱めたり短縮営業や臨時休業することも考えられるので営業時間などを公式ホームページやFBなどを利用して確認することをオススメします。

 

交通規制・渋滞

BTSやMRT、バスなどの交通機関は通常通り運営されるとの発表がありましたが、王宮周辺や中華街(ヤワラート)周辺は交通規制がかかる可能性があります。

 [写真:前国王とのお別れに王宮へ集まる国民。2016年撮影]

また、タイ全土の国民が前国王とのお別れのためにバンコクへ集まることも考えられ、それに伴う交通渋滞も考えられます。時間的に余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

多くの公共交通機関が10月25日〜27日の間、無料運行または割引サービスを提供する予定との発表もあったため、公共交通機関の混雑の可能性も非常に高いです。

 

節度ある行動を

 [写真:黒い洋服に身を包む人々]

 

前国王の葬儀が近づくこの時期、多くの国民が再び服喪の黒色の服を着用し始めているのを目にします。葬儀中は昨年の服喪期間中のようにタイ中が黒一色に染まる可能性があります。また、火葬日である26日は禁酒日と定められています。(その他の日程に関し、現時点では禁酒日との発表はありませんが、飲食店が自粛する可能性もあります。)

旅行者を始めとする外国人に服装の強制や行動の規制などありませんが、深い哀悼の中にいるタイ国民の心情を尊重した服装・言動を心がけることが好ましいです。

 [写真:黒いリボンの喪章]

※昨年は町中が黒一色になったため、現地で黒い洋服を購入している旅行者も多くいました。しかし、一時的に値段が上がったり売り切れになっている店舗もあったので、暗めの色の洋服を持参されることをオススメします。写真のような喪章で哀悼の意を示すこともできます。

 

 

70年間という世界で最も長い在位期間中、国民に深く愛され慕われ続けた偉大なプミポン前国王の歴史的な葬儀です。この期間にタイ旅行を控えている方は、ぜひタイ国民のプミポン前国王並びにタイ王室への深い敬愛の念を肌で感じてください。タイ王国やタイ人、タイの文化を根幹から知ることができる機会になることでしょう。

 [写真:弔問客の対応をする市民ボランティアたち]

 

▪️火葬式に関する概要

10月 1日〜29日、王宮・エメラルド寺院の閉鎖。
10月13日〜27日まで政府関係職員は服喪期間を延長。半旗の掲揚。
10月25日〜29日、火葬式。
10月26日、火葬日。(禁酒日。2017年のみ公休日)

※タイ国政府観光庁国際広報部発表(日本語)https://www.thailandtravel.or.jp/news/23916/

この記事をシェア

ヒマァ(หิมะ) (ゆき)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD