ワットポーの近くグラフィックアートが素敵な「ERR(เออ)」

RESTAURANT17.09.24

この記事をシェア
ワットポーの近くグラフィックアートが素敵な「ERR(เออ)」

今日は、2015年6月にオープンしたレストラン「ERR(เออ)」をご紹介します。

 

周囲は古い建物が多く、丁度ワットポーの真裏に位置する最近注目のエリアの中にあります。

こちらのお店は、バンコク中心エリアで有名なレストラン”Bo. lan”のオーナーご夫妻が作った、カジュアルなタイ料理店です。

 

場所は?

ツーリストボート Pakkhlong Taladd Pier(Yodpimam pier)に着いたら、Mango Treeのレストランの目指してショッピングセンターの中を左に歩いて行きます。

数十メートル歩くと外に出る出入口が右手に見えますのでその出入口を出ます。

左手にスターバックスが見えますので、そこを目指して歩いて行きます。

角にはガーリックの問屋さんらしきお店がありました。この辺りの名産なのでしょうか?

道なりに進むと大通りに出ます。どこに行っていいかわからなくなりますが、大丈夫。一番手前左にある道を行きます。この通りの名前が、マハラート通りです。

そこから5分ほど歩くと角にATMがありますので、そこを左に曲がります。

このATMを左に入って行くと、左手にレストランが見えて来ます。(ATMの反対側にはお店の表示があります)

真ん中に出ていますよ^ ^

お店の中がおしゃれなんです!!

なんなんでしょう、最近バンコクはこのようなレトロと現代風のコラボのようなお店が流行りなのでしょうか?

わざと寂れた感じにしているのだけど、計算し尽くされた絶妙なおしゃれ感。昔のタイを出しつつも今っぽい。hauはこういうの大好きです。

そんなに広くはないのですが、なんかゆったりしていて、初めて行ったのにリラックスできる雰囲気です。 お料理が美味しすぎる!!!

こちらはBarになっています。

メニューです。ちゃんと英語が併記され、写真も出ているので観光客でも安心して注文できます。

テーブルにセットされているお皿も昔ながらの絵のついたもので、ノスタルジック。

お料理は?

それではさっそくお味のチェック。私が行ったのはちょうどお昼ご飯の少し後でしたので、あまり食べることができないので少なめに注文してみました。

まず、飲み物です。 「レモングラスティー」

辛いものを注文しようと思ったので、ここはビールにせず敢えて普通にレモングラスティーにしました。

次は、お料理です。

まず前菜というか、おつまみにと「サイウア」を注文。お店の方にかなり辛いけど大丈夫か?と聞かれましたが気にせず注文したものの、本当に「辛い!」です。

お次は、もち米とスープ「トムセープ(ต้มแฃบ)」

このスープは、熱々で出て来ました。とても感動したし、唸るほど美味しかったです。

このスープ、通常何も言わなければかなり辛いのですが、「やや辛めで」と依頼しましたので、ちゃんと食べきることができました。ハーブと唐辛子が効いたとてもスッキリした味のスープです。

もち米は、辛さを和らげるために注文しておきました(笑)量もちょうどいい一人用のボリュームです。

こちらのお店のお料理の大きさは、小どんぶりサイズで、完全に一人用。一人で行く人にはとても助かる大きさです。

また、何人かで行けば、たくさん頼んで色々試すことができるのでこれまたお得感満載ですね。

化粧室も素敵です!

化粧室には、タイの有名スパブランド「Panpuri」のハンドソープとハンドクリームがさりげなく置いてありました。

 

こういう些細なところの気遣いが間違いなく女子の心をキャッチしますね〜。

 

 

いかがでしたか?日本にあったら絶対女子会で使いたい雰囲気のお店だと思いませんか?日本にあるタイ料理店もこんな感じのお店が増えるといいですね。

 

【SHOP INFO】

■住 所 : 394/35 Maharaja Rd, Tatien, Phra Borom Maha ratchawang, Phra Nakorn, Bangkok 10200

■電 話 :02 224 6521 / 02 622 2291-2

■営業時間:11:00 – 夜中 (月曜日休み)

■H P : http://www.errbkk.com/ (ホームページには簡単なメニューが掲載されています。)

■言 語:タイ語・英語

■トイレ:きれい

■facebook : ERR Urban Rustic Thai @ERRBANGKOK

 

🙂のブログhau’s Styleでもご紹介しています。

この記事をシェア

hau (hau)のその他の記事

VIEW ALL
RANKING
ARTICLE
CURATOR
KEYWORD