親子三世代の家族旅はぜひバンコクへ♪5つの魅力をご紹介♡

未分類19.04.23

この記事をシェア
親子三世代の家族旅はぜひバンコクへ♪5つの魅力をご紹介♡

こんにちは。
元国際線CAでタイ在住者、フォトライターとして活動しているNaokoとMinakoです♡

例えば特別な記念日の日、休暇が取れたら親子三世代で海外旅行へ…
胸がワクワクするようなシーンでありながら、同時に「ちゃんと全員が楽しめるかな?」という心配もあるのではないでしょうか?
その不安を解消するポイントは、「個々で楽しむ時間」と「家族揃って楽しむ時間」のバランスが取れる旅先を選ぶことです。
今回は、タイの首都バンコクが三世代旅にイチオシの5つの理由をご紹介します。
元国際線CAでバンコク在住そして幼稚園児のママである筆者も、実際に両親がタイに遊びに来た際に、家族皆で素敵な思い出のひとときを過ごすことができました。
その経験を元に、「様々な世代を受け入れてくれる寛容な国タイ」の魅力を存分にお伝えします!

 

1. 全国主要都市から約6時間で南国リゾートへ!

海外旅行では長時間のフライトや時差が、ご高齢の方や小さなお子様の体には負担となってしまうことも。
その点タイは飛行時間が約6時間と他のリゾート地より短く、時差も2時間と少ないです。
そして、各航空会社のタイへの就航便数も多く、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港の合計7空港から、スワンナプーム空港もしくはドンムアン空港(ともにバンコク)までの直行便が運航されています。
全国主要都市から乗り継ぎの必要なくダイレクトアクセスが可能な為、移動による体力のロスを減らして、現地では思いっきり楽しむことができますよ。また、深夜便も充実しているので週末旅も可能となり、家族同士のスケジュールを合わせやすいのも嬉しいポイントです。

 

2.三世代の望みを叶えてくれるデパートが充実!

バンコクのデパートは、ただショッピングを楽しむだけの場ではありません。親子三世代が心ゆくまで楽しめる工夫が随所に施されています。
おじいちゃんおばあちゃんがカフェで休憩中、ママはお土産探しやスパへ、パパと子供は遊びに興じる…といった過ごし方も可能です。


キッズ専用映画館や屋内外のプレイグラウンドなどエンターテイメント施設が充実している「Emporium」&「EmQuartier」。

ブックストア、人気のレストランやカフェ、子供の遊び場などがワンフロアに広がる”OPEN HOUSE”を要する「CENTRAL EMBASSY」。

他にもバンコク最大級のデパートであり、水族館や蝋人形館なども併設されている「SIAM PARAGON」等々、様々なデパートで子供から大人まであらゆる世代が楽しみを分かち合えます。どちらも駅直結でアクセスも良好ですよ。


高島屋がテナントとして入り、安心の日本ブランドとタイのハイセンスが融合した今バンコクで一番新しいデパートの「ICON SIAM」もリバーサイドを訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

3.ここは日本?と思ってしまうほど和食が豊富!

海外旅行ではお子様の食事も心配のひとつになるのではないでしょうか?特にタイ料理は辛いというイメージもあるので、なおさら不安になってしまうのではと思います。
ですが、ここタイは在住日本人が約6万人ということもあり、本格的な和食を気軽に楽しむことができるのです。
特に日本人街の中心地であるプロンポン地区周辺では、至る所に日本食のお店を見つけることができますよ。
各チェーン店や、日本人の料理人の方が腕を振るうレストランなど様々ありますが、家族旅でオススメなのがデパートのフードコート!


私たちのオススメは、日本の名店が一堂に会するISETAN内「88食堂NIPPON」や、大戸屋やモスバーガーといったおなじみの店とタイ料理店が並ぶEmporium内「EMPORIUM FOODHALL」です。
清潔で空調が効いた快適な空間、賑やかな雰囲気、リーズナブルな価格、と家族で過ごすのに魅力的な要素が揃っていますよ。
タイ料理でも、チャーハン(カオパッ)や、ラーメン(バミー)などは辛くないので、辛いのが苦手な方でも大丈夫です。

 

4.医療レベルが高く、通訳が常駐しているので安心!

旅の疲れがでてしまったり、食事が合わなかったりと、旅先で体調を崩してしまうこともあるかと思います。小さい子供は体調の変化が激しかったり、高齢の場合はタイの暑さが特に身に堪えますよね。
ここタイの医療水準は、医療ツアーなどで世界中から患者が訪れるほど高く、バンコク市内にはまるで豪華ホテルのような立派な設備を誇る私立病院があります。
日本人在住者がよく利用するサミティベート病院、バムルンラード病院、バンコク病院などは日本人専用窓口が設けられ、日本語通訳が常駐したり、先生も日本語が話せる方がいたりするなど言語面でも安心。
万が一入院ということになってしまっても個室で手厚い治療が受けられます。
ただし、医療費は大変高額なので事前に海外旅行保険に入っておきましょう。

 

5.タイ人のあたたかい優しさが心にしみる!

タイ人はとても親日家で、日本人を非常に好意的に受け入れてくれます。
また、タイの方は子供が大好き!レストランでは店員さんが子供を抱っこしたりあやしたりしてくれて、道を歩いていると「パイナイ?(どこ行くの)」と気さくに声を掛けてくれて、電車に乗ったら優先席でなくともすぐに席にを譲ってくれて…といった具合です。
筆者もタイ人の子供への優しい眼差しにたくさん助けてもらい心から感謝していますし、子供にとっても多くの人々から愛情を注いでもらえる中で育ったことは本当に幸せなことと思っています。
また仏教国であり信仰心が深く、家族の繋がりを大切にするタイ人の間には、お年寄りを敬う文化が脈々と受け継がれています。
「微笑みの国タイ」という言葉がありますが、タイ人の持つ心のあたたかさが、にこやかな表情に現れているのだと思います。
異国からの観光客を寛容に受け入れてくれるタイ人の方々の存在こそが、タイでの家族三世代旅がリラックスとリフレッシュに満ちた旅となる最大のキーポイントなのです。

 

いかがでしたでしょうか?
他にもタイは、寺院などの文化的観光から海辺のリゾートまでと幅広い楽しみ方があったり、疲れたらコスパ抜群のマッサージやリッチなスパで身体を癒すことができたりと、家族三世代それぞれのニーズにマッチした時間の過ごし方ができます。
ひとりひとりが満足し、お互い笑顔の家族を見られることができたなら…♡家族旅は大成功ですね!!

私達の著書「キラキラかわいい街バンコクへ」は、タイの”美味しい、可愛い、楽しい”がギュッと詰まった一冊となっています!
amazonや全国書店で大好評発売中です。ぜひご覧ください♡

バンコク旅行ツアーをプロデュースしました!
ツアータイトルは「元国際線CAのバンコクガイドブック著者がプロデュース!キラキラ★お洒落なバンコク4日間★」詳細はこちら♪
皆様のご参加を心よりお待ちしてます♡

 

この記事をシェア

Minako (thai353)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD