タイの伝統食器「ベンジャロン焼き」が素敵!

TOPICS19.07.30

この記事をシェア
タイの伝統食器「ベンジャロン焼き」が素敵!

こんにちは。
元国際線CAでタイ在住者、フォトライターとして活動しているNaokoとMinakoです♡

食器が大好きな私たち。CA時代はステイ先のパリやロンドンで食器を買うのも楽しみの一つでした。そして駐在として暮らしたここタイでもたくさんの美しく可愛い食器たちに出会えました。
タイの食器と言われるとすぐには思い浮かばないかもしれませんし、私たちもタイに住むまではタイに素敵な食器があることを知りませんでした。ですが、タイ料理レストランやタイのホテルなど身近な場面でも実はよく使用されているのです。日本のタイ料理レストランで愛用されていることも多いですよ。


タイの伝統食器には、ベンジャロン焼き、セラドン焼き、ブルーアンドホワイトなどがあります。
それぞれの特徴として、セラドン焼きはタイの歴史上最初の王朝であるスコータイ王朝時代から伝わる焼き物で、美しい翡翠色や藍色をしておりタイ料理との相性は抜群です。
また、ブルーアンドホワイトは、手書きで描かれた通称パイナップル柄と呼ばれるスカラップ模様が描かれており、爽やかな色目が涼しげなテーブルを作ってくれます。
今回は伝統食器の中でも最も有名で、繊細な絵付けと華やかな色彩が特徴の優雅な気品に溢れる「ベンジャロン焼き」についてご紹介したいと思います。

① ベンジャロン焼きの歴史


細やかで精巧な模様と、白磁に施された鮮やかな色と金彩のゴージャスな輝きが旅行者の方に人気のベンジャロン焼き。また、タイ生活の記念にと帰国前に購入する在住者の方も多いです。
17世紀前後、アユタヤ王朝時代に王室専用の高級伝統磁器として発展したという長い歴史をもつベンジャロン焼き。現在では宮廷料理にも使われるような上質で洗練されたものから、ポップな絵付けが施されたカジュアルライクなものまであり、様々な場面で使用されています。

② ベンジャロン焼き絵付け体験
ここバンコクでは、世界に一つだけのオリジナルのベンジャロン焼きを手作りすることができる工房があります。


私たちのオススメは、エカマイ駅からタクシーで5分の「Stella Hobby Lounge」です。初心者の方でも日本人スタッフの方が丁寧に教えてくれるので、技術や言葉の面でも安心ですよ。


絵付けできるお皿や小物の種類も豊富に揃っており、リピーターの方も次々新しい作品にチャレンジすることができます。また、柄も古典的な柄から普段使いしやすい現代風にアレンジした柄まで様々あります。そして作品の印象を左右するカラーは、焼き上がり後の色見本がある為、仕上がりをイメージしながら絵付けを行うことができます。


制作中は写経のように周りの音も気にならなくなるほど作業に集中することでき、リフレッシュ効果も抜群!
また完成品も販売しているので、お土産として購入することも可能です。バンコク観光の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

③ 目的別オススメ購入場所
タイの伝統食器ということもあり、様々な場所で販売されているベンジャロン焼き。
お店によって価格や質も違うので、ぜひ見比べて好みのものを見つけてくださいね。

・エンポリアム、サイアムパラゴンなどの高級デパートのタイ伝統雑貨売り場


伝統的な柄ゆきに落ち着いたカラーのものが多いです。高価ではありますが上質な商品が揃っており、間違いのないものを購入したいという方へオススメです。上品なティーセットはおもてなしのシーンでも大活躍してくれることでしょう。

・チャトチャックウィークエンドマーケット


デパートやホテルにも卸している質の高いものから、求めやすい価格のものまで、様々なベンジャロン焼きのお店があります。
様々な商品を見てから選びたい方におススメです。
〈ロイヤルポーセリン〉
熟練の職人のみが絵付けを許されるというほど高いレベルを誇る品質のものを販売している
〈JJベンジャロン〉セクション19ソイ6/1
可愛いらしいパステルカラーやカジュアルなデザインが多く普段使いにGOOD

・ホテルオリジナルデザイン


140年の歴史を誇る名門ホテル「MANDARIN ORIENTAL BANGKOK」ではオリジナルデザインのベンジャロン焼きを取り揃えており、お土産や旅の記念に購入したい方にオススメです。

④ ベンジャロン焼きを日本の食卓へ


タイ料理を引き立ててくれるベンジャロン焼きですが、ぜひ日本の食卓にも取り入れてみてはいかがでしょうか。筆者はちらし寿司やカルパッチョなどを盛り付けています。
ゴージャスなベンジャロン焼きは、ハレの日のテーブルコーディネートにぴったり!食卓を華やかに演出してくれること間違いなしですよ。

いかがでしたでしょうか?実際にタイの文化にも触れてみて、よりタイという国を身近に感じてみてくださいね。

著書「キラキラかわいい街バンコクへ」は、タイの”美味しい、可愛い、楽しい”がギュッと詰まった一冊!
amazonや全国書店で大好評発売中です。ぜひご覧ください♡

この記事をシェア

Minako (thai353)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD