バンコクから一番近いリゾート「パタヤ」は子連れ旅もウェルカム♪

未分類19.05.4

この記事をシェア
バンコクから一番近いリゾート「パタヤ」は子連れ旅もウェルカム♪

こんにちは。
元国際線CAでタイ在住者、フォトライターとして活動しているNaokoとMinakoです♡

パタヤの代名詞であったナイトライフ。近年はそのイメージを覆すような多様な楽しみ方ができるようになり、バンコク在住者ファミリーにも週末トリップ先として人気のリゾートとへと進化し続けています。
実際、元国際線CAでバンコク在住そして幼稚園児のママである筆者も、母子旅行や家族旅行で何度もパタヤを訪れています。
今回はその経験を元に、気軽に子連れリゾートを楽しむのに最適な街「パタヤ」の魅力を存分にお伝えします!

 

1. バンコクから車で約2時間!太陽がまぶしいパラダイスリゾートへ!


タイで人気のビーチリゾート地といえば、プーケット島やサムイ島などがありますよね。どちらも素敵なリゾートであることは間違いないのですが、日本から行く場合は乗り継ぎ便、バンコクからも飛行機となり、特に小さなお子様連れでの移動となると少しハードルが上がってしまいます。
その点パタヤでしたらスワンナプーム空港から車で約1時間半、バンコクからも約2時間と他のリゾート地よりも楽にアクセスすることができます。
また、バンコク観光の際にせっかくだからビーチでのバカンスも楽しみたい!という方にも最適。日帰りで行けるパタヤにぜひ訪れてみてくださいね。

2.子連れ旅にイチオシの宿泊先は、大人も子供も楽しめるリゾートホテル!


子連れ旅では、元気いっぱいの子供はアクティブに楽しめて、大人はのんびりと日々の疲れを癒せるホテルが理想的。
パタヤには海を一望できるホテルや、街中へのアクセスがいいホテルなど様々なホテルがあり、目的や好みにフィットしたホテルが必ず見つかりますよ。
私達が子連れリゾートにイチオシのホテルは、「CENTARA GRAND MIRAGE BEACH RESORT PATTAYA」です。
“ロストワールド”がテーマのこのホテルは、
遊び心あふれる凝った造りとなっており、大人も子供も到着した瞬間からワクワクします!
このホテルが在住者にも人気の理由の1つが、テーマパーク顔負けのプール。ウォータースライダーや流れるプール、滝や洞窟など楽しい仕掛けもたくさんあり、いつも子供の笑い声が賑やかに響いています。浅いプールに砂場もあり、小さなお子様でも安心して遊べますよ。
また、プライベートビーチもありますので、プールと海を一度に満喫できます。
バラエティに富んだ7つのレストランや、キッズクラブなども併設した大規模ホテルとなっており、各種アクティビティも充実しているので、ホテル内で一日中飽きることなく過ごすことができ、食事やプランの心配をしなくても大丈夫なので、パタヤが初めてでも安心して訪れることができますよ。

 

3.静かな海を望む絶景レストランでスペシャルなひとときを!


せっかくのビーチリゾート、海を一望できるレストランで食事をするのはいかがでしょうか?
リラックスした雰囲気の中で穏やかな海を一望できる「The Sky Gallery」は、新鮮な魚介料理やタイ料理を楽しめる人気店です。オープンエアなので、子供の声が気になりにくいのも子連れにはありがたいお店です。
素敵な雰囲気のお店に子連れで行くのは気が引けてしまう…と思われる方も多いと思いますが、ここタイではベビー・キッズフレンドリーの場合が多いです。子供用の食器やキッズチェアの用意があったり、手の空いている店員さんが子供をあやしてくれたりと、日本に比べて家族で外食に出掛けやすいです。(もちろん子供NGのレストランもございますので、気になる際は事前にチェックしてみてください。)
また、東南アジア最大級のビーチフロントショッピングモール「セントラルフェスティバル」や、2018年にオープンしたばかりの商業施設「ターミナル21」内にも日本食レストランがあります。涼しく清潔かつお手洗いの心配もなく、お土産を選びながら小さいお子様の食事を取ることができるので、こちらもオススメです。

 

4.自然や動物と思いっきり戯れるタイならでは経験で旅の思い出作り!

パタヤでの思い出作りに、タイならではの体験をすると旅がより印象的に彩られることでしょう。
タイと言えば象をイメージする方も多いと思います。パタヤの「パタヤエレファントビレッジ」では象の背中に跨ってジャングルの中をトレッキングすることができます。ミニ動物園やタイダンスショーなどもあり、大人も子供も楽しめる内容となっています。
また、パタヤと同じチョンブリー県にある子連れファミリーに人気のスポットが、「シラチャタイガーズー」と「カオキアオオープンズー」です。
シャチャタイガーズーではトラを見るだけではなく、赤ちゃんトラを抱っこしたりミルクをあげたり、一緒に写真撮影もできるのです。迫力のあるタイガーショーも一見の価値ありですよ。
そして、車で周るほどの広大な敷地のカオキヤオオープンズーでは自然に近い状態で飼育されているイキイキとした動物と出会うことができます。キリンや象への餌やりを始め、日本と比べて動物との距離が近いので迫力満点です。
どれも忘れられない経験となること間違いなしですよ。
バンコクからバスツアーも催されていますので、もしご興味がありましたら調べてみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?
パタヤには日本語通訳がいるバンコク病院もあるので、突然のケガや病気の際にも安心です。
ぜひタイ旅行の思い出作りに、「パタヤでバカンス」という選択肢も加えてみてくださいね♡

著書「キラキラかわいい街バンコクへ」は、タイの”美味しい、可愛い、楽しい”がギュッと詰まった一冊!
amazonや全国書店で大好評発売中です。ぜひご覧ください♡

バンコク旅行ツアーをプロデュースしました!
ツアータイトルは「元国際線CAのバンコクガイドブック著者がプロデュース!キラキラ★お洒落なバンコク4日間★」詳細はこちら♪
皆様のご参加を心よりお待ちしてます♡

この記事をシェア

Minako (thai353)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD