オ・ト・ナ♡の夜を楽しめるバー3選

TOPICS19.06.24

この記事をシェア
オ・ト・ナ♡の夜を楽しめるバー3選

こんにちは。
元国際線CAでタイ在住者、フォトライターとして活動しているNaokoとMinakoです♡

 

常夏の国タイのバンコクでは、一年中屋外でお酒を楽しめます。
きらめく夜景を望みながらカクテルを傾けたり、夜風を感じながらグイッと飲むビールの味は最高ですよ。
バンコク名物のルーフトップバーの中でも、今回は特に「大人の雰囲気が漂うお洒落なバー」をテーマにご紹介したいと思います。

 

① Park Society HI-SO(パークソサエティ ハイソ)
〜緑と夜景の融合〜

シーロムエリアにあるクリスチャン・ラクロワ氏がプロデュースしたリュクスなホテル SO Sofitel Bangkok(ソソフィテルバンコク)内の29階と30階にあるレストラン&バー。
眼下に広がるのは都会のオアシスともいえる広大な敷地を誇るルンピニ公園、そしてそのバックにはバンコクの摩天楼が美しいシルエットを浮かび上がらせています。
バンコク市内にある数あるルーフトップバーの中でも、豊かな緑と高層ビルという自然と都会が融合した風景を望めるのはここだけです。
夕方から夜にかけて、公園の緑が濃さを増していき、街の灯りががひとつまたひとつと星屑のように浮かび上がっていく…。グラスを片手に、刻々と変化していく景色をゆったりと楽しむのが、筆者のお気に入りです。
やがて辺りが闇に沈むと、DJが奏でるクラビングな音楽と妖しく光るイルミネーションが、洗練された大人の夜を演出していきます。
ラクロワデザインの制服を着こなしたスタッフの姿は、洗練されていてとてもスマート。ファッショナブルなアーバンホテルらしさを満喫できます。

私たちのオススメのカクテルは、フローラルフルーティな香りと味わいが楽しめる「Lychee & Rose Petal(ライチ&ローズペタル)」です。
ひとひらの薔薇の花びらが浮かんだこちらは、成熟した大人の女性にぴったりのカクテルですよ。

 

② ABar Rooftop(エーバールーフトップ)
〜大人の為の社交場〜

プロンポンエリアにあるBangkok Marriott Marquis Queen’s Park(バンコクマリオットマーキスクイーンズパーク)の38階にあるルーフトップバー。
シャンデリアがきらめくゴージャスなロビーを抜けエレベーターを上がると、ロビーの印象とは打って変わって暗めの照明がムーディーな空間が。ヴィンテージ風のインテリアの中に鎮座するビリヤード台を横目に階段を登りきると、そこにはまるで大人の隠れ家のようなバーが姿を現します。
セピア色の真鍮フレームが落ち着いた雰囲気を醸し出す中で、壁一面に飾られた鮮やかな花々や、ところどころに施された植物が、華やかさと柔らかさを添え、心をリラックスさせてくれます。
まさに”本物を知るオトナの遊び”といった言葉が似合うようなこちらのバーは、愉しげに談笑する人々でいつも賑わっています。
なんと50種類以上とバンコク屈指のジンの品揃えを誇り、ジンをベースにした様々なカクテルを味わえますよ。

私たちのオススメは、クールな色合いにエディブルフラワーが可憐さを添える「G&T NO.3」。
見た目も涼やかなカクテルは、リフレッシングな味わいで、暑さで火照った身体もスーッとクールダウンさせてくれます。
全席オープンエアーで夏の風が頬を撫でる中、ソファにゆったりと身を沈めて、DJが流すジャズリズムに耳を傾けながら、南国タイの夜に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

③ Escape(エスケープ)
〜賑やかな夜に逃避行〜

プロンポン駅を挟むように両側に位置している街のランドマーク的存在の二つのデパートの一つ、EMQUARTIER(エムクオーティエ)の5階にあるバー。
スリル満点のガラス床のブリッジを渡ると、そこはショッキングピンクの妖艶な光に輝く、トロピカルな世界が広がります。
「スクンビットの秘密の場所」というコンセプトにぴったりのビーチバースタイルのインテリアに、DJブースからはノリの良いクラブミュージックが流れ、ピンクに染まっている空間は大都会バンコクにいることを忘れ、日常からまさにエスケープできますよ。
ホットでエキサイティングなバンコクのナイトライフが楽しめること間違いなしです。

私たちのオススメのドリンクは、爽やかな甘酸っぱさが女の子気分を盛り上げてくれる「HA LONG DREAM(ハロンドリーム)」。
ウォッカをベースに、ライチやローズレモネードジュースがミックスされたこちら。グラスにはざくろやレモンといった女性に嬉しいフルーツの果実が浮かび、プロセッコがシュワっとはじけます。
見た目も可愛らしくて、フォトジェニックな空間をバックに撮るのにもバッチリなビジュアルですよ。
駅直結のデパートの中にあるので、アクセスの良さも抜群ですし、バーの前後にショッピングの時間を組み込みやすいのも嬉しいポイントです。

 

いかかでしたでしょうか。
時にはしっとりと語らいながら、そして時には喧騒の渦の中に溶け込んで…。
それぞれ違った魅力を持つ、オトナの夜を存分に楽しめるバーをご紹介しました。
きっと、大人になってよかった♡と思えるようなステキな一夜が待っているはずですよ!

 

著書「キラキラかわいい街バンコクへ」は、タイの”美味しい、可愛い、楽しい”がギュッと詰まった一冊!
amazonや全国書店で大好評発売中です。ぜひご覧ください♡

 

この記事をシェア

Minako (thai353)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD