女心を満たせる♡カフェwithショップ3選

TOPICS19.06.19

この記事をシェア
女心を満たせる♡カフェwithショップ3選

こんにちは。
元国際線CAでタイ在住者、フォトライターとして活動しているNaokoとMinakoです♡

旅行の際に、観光・ショッピング・グルメなどすべて満喫したい!と思うのが女心♡
ただ、ネックとなるのが時間です。バンコクへの旅は平均3泊4日ほどと短いこともあり、かつ渋滞なども発生するので、あれもこれもとなると時間が足りなくなってしまいがち。
そこで、一息つきたいという時にオススメなのが、カフェ併設のショップです。美味しいスイーツとショッピングを同時に楽しめるので、時間を有効に活用することができますよ。

また、ブランドの世界観を表現するべく、細部までこだわりが尽くされたインテリアやメニューは、テイストは違えどどのカフェもとても素敵です。
今回は、私たちがオススメのショップに併設されたブランドプロデュースのカフェ3店をご紹介します。

① Sretsis Parlour (スレトシスパーラー)

〜お姫様気分でティータイム〜

国際的なモード界で活躍するタイ人の3姉妹によって設立されたアパレルブランド「SRETSIS」。
ガーリーな中にもスレトシス流のエッジを効かせた大人の可愛さが、日本でも芸能人を始め、多くのお洒落女子から人気を集めています。

そんな人気ブランドのカフェを楽しめるのは、世界でもここバンコクだけ。ハートに縁取られたピンクの扉を開けると、そこに広がるのはファンタジーに満ちたスレトシスワールド!まるで童話の世界に迷い込んだような小さなパレスで、束の間のプリンセス気分を味わえますよ。

そして、スレトシス姉妹がデザインするアパレルのファンタスティックな世界観は、スイーツのレシピにも存分に反映されています。「テーブルにも夢を」というオーナーの想いが詰まっており、花びら一枚までひとつひとつ丁寧に作りこまれたお菓子たちは、芸術品のようでため息ものの美しさ。
SRETSISのシンボルモチーフであるユニコーンを筆頭に、動物や花に溢れた空間は、まるで夢の中にいるような気持ちにさせてくれます。バンコクの喧騒に疲れたら、ぜひピンクの扉を開いて。しばし現実世界を忘れて、ロマンチックなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

② ABRACADABRA(アブラカダブラ)

〜心がほっこりする空間〜

「ナチュラルなライフスタイルを提案したい。」という日本人女性のオーナーの信念を軸にセレクトされた、ライフスタイルコンセプトショップ「ABRACADABRA」。
自社オリジナル製品の全身に潤いを補えるABRACADABRA oil balmや、タイのエコロジカルアロマブランド「BsaB(ビーサビー)」とコラボレーションした「GALAXYキャンドル」などを始め、シンプルで質の良いカゴバックなどの小物類まで、長く愛される良質な商品を販売しています。

併設されているこぢんまりとしたカフェは、ホッと落ち着ける雰囲気が魅力の、とても居心地の良い空間。ショップオーナーのご主人が丁寧に淹れてくださるコーヒーの香りが漂い、どこか懐かしいようななんともあたたかい気持ちになれます。
古びたアンティークのチェストや、テーブルにそっと置かれた小説などが演出する優しさに満ちた空間は、思わず自分だけのとっておきの秘密基地にしたくなるほど。

シロップから作る昔懐かしい味わいのクリームソーダや、素材の味を活かしたシンプルな味の手作りスコーンなど、手間暇をかけたオーナーこだわりのスイーツに心がほかほかしますよ。
心も洗濯されてすっぴんに戻れるようなナチュラルなカフェで、ゆっくりと癒されてくださいね。

 

③ Chuanpisamai Cafe(チュアンピサマイカフェ)

〜メルヘンな可愛らしさ全開〜

ふりふりひらひらのお花の花びらがたっぷりあしらわれたような水着が人気の、タイ発ファッションブランド「Chuanpisamai」が手掛けるカフェ。
チュアンピサマイの水着は元AKB48の小嶋陽菜さんが着用し、ラブリーな可愛さが日本でも話題になりました。

その乙女心をくすぐる世界観がインテリアやメニューでも楽しめるのがこちらのカフェ。目にするもの全てに”カワイイ”という言葉が漏れてしまうようなスイートな空間です。
フォトジェニックな店内でビジュアル度満点のスイーツが運ばれてくると、どのテーブルも熱心なカメラ女子がその魅力を一枚に切り取ろうと、撮影に熱を上げています。

併設のショップでは人気の水着を始め、バカンスにぴったりのワンピースや帽子などが販売されています。今すぐビーチへ出かけたくなってしまうような可愛いディスプレイにも注目ですよ。
しかもカフェの場所は今駐在妻の中でも話題のアーリー地区。ここは、BTSアーリー駅を中心に、小さいカフェや雑貨屋さんなどが点在しており、街歩きを楽しめる人気スポットです。アーリー散策の際には、こちらに立ち寄ってひと休みというのもいいですね。

 

いかがでしたでしょうか?
ショッピングとグルメの両方を楽しめて、ブランドの世界観にどっぷりと浸れるのは、ショップ併設のカフェならではです。
バンコクに遊びに来た際には、このような楽しみ方もぜひ試してみてくださいね。

 

著書「キラキラかわいい街バンコクへ」は、タイの”美味しい、可愛い、楽しい”がギュッと詰まった一冊!
amazonや全国書店で大好評発売中です。ぜひご覧ください♡

この記事をシェア

Minako (thai353)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD