【タクシー活用】赤ちゃん連れてディーゼル鉄道!@カンチャナブリ

TOPICS19.08.31

この記事をシェア
【タクシー活用】赤ちゃん連れてディーゼル鉄道!@カンチャナブリ

こんにちは!Mayitaです。

バンコクにはたくさんツアー会社があります。

魅力的なワンデーツアーもいっぱい!

しかし、赤ちゃん連れでいくとなると、ツアーの他の方に気を使ったり。

とはいえ個人で行くとしても、バスやロットゥーで赤ちゃんのお世話やオムツ変えるのは難易度が上がります。

そこで最近私たちが使っているのが、タクシーです!!

全てのタクシーが行ってくれるわけではないので、

どうやってタクシーを探したか、最後に書いておきますね。

 

さて、コンドミニアムを7時出発!

ちょっと寄り道しながら、サパーンクワーイ駅に着いたのは10時ごろ。

10時半ごろに電車が来ると聞いていました。

ミュージアムに寄ることもできましたが、私たちは鉄道に乗ることを優先したため、ミュージアムはパスしました。

そのかわり鉄道が通る鉄橋を歩いて渡ることができました。

すごく人がたくさんいるのですが、対岸へ行くにつれてだんだん人が少なくなるのでゆっくり見ることができました。

駅周りの屋台でカオニャオムーピンやフルーツシェイクを購入。

そこから電車が到着したら乗り込みます。

タクシーはNAM TOK駅に行っておいてもらいます。

窓際に、外国人300バーツと書いてあります。

乗車券はこちら。乗ってから買いました。

電車には乗務員さんがたくさんいまし。

どこに座ったらいいか、わからなければ案内してもらいます。

景色がいいのは進行方向に向かって左側だと教えてもらいました。

発車間も無く、水と炭酸飲料そしてスナックが提供されます。

中身はこんな感じ。結構満足感あります。

ものすごくのどかな鉄道なのに、やたらDEATH推しなパッケージ。

こんなにのどかなのに…

田舎の鉄道、のんびりしています。

 

そして、乗車証明書として立派な乗車証がもらえました。

y

 

途中の断崖絶壁はこんな感じ。スレスレです。どきどき。

 

左側に座ったらいいのは、このあたりの川辺の景色が良いからだそうです。

鉄道が、川辺ギリギリの崖を通っているのがよくわかります!

 

豆知識。

駅近くでよく見るこのタイ文字は何でしょうか?

答え。

ここで警笛を鳴らす、というマークだそうです。

そんなこんなしていたら、NAM TOK駅に。

私たちはタ

クシーをこの駅でピックアップしてもらうようにお願いしていました。

ここから滝公園へ。NAM TOK SAI YOK NOIというところです。

タクシーがなくてもソンテウの乗り合いで行けます。

 

滝では泳げたりするので、にぎやか。

そして、なんだかとても癒されました。

水が冷たく、すっきりしました。

すずやか。苔が良い感じです。

ちょっと滑りやすいですが、手すりもあります。

滝までの小道に本物の鉄道が展示されています。

記念写真にどうぞ!

 

この滝公園の下の駐車場が屋台村になっています。

何故かイモケンピ天国。

タロ芋の芋けんぴだそうです。

タロ芋チップス、バナナチップス、バナナチップスのチリ味や蜂蜜味など多種多様な味付けのものなどがたくさんあります。

試食もものすごい人数で勧めてきてくれます。

なぜこんなに、というくらい店舗数が。

お土産におススメです!!

 

さて、電車によってはNAM TOK SAI YOK NOI駅まで行ってくれるものもあるそうです。

これに乗れたら、乗り換えがなくてとても便利ですね。

 

この後バンコクに戻ります。

途中、トイレ休憩やオムツ変え休憩を挟みながら、

帰宅は6時ごろでした。

タクシーのお支払いは3000バーツ。

途中の鉄道と合わせて、しめて2人で3600バーツでした。

タクシー旅だとオムツ替えのタイミングなど気にしなくていいですし、車内で授乳ケープを使えば授乳もできます。

かなりマイペースで旅行ができます。

値段としても、普通のツアーに参加するのとそこまで値段が変わらないか、少し安い位。

7人まで乗れるので、乗合で行けばかなり快適でお得です。

【タクシーの探し方】

私はアソークを歩いている時たまたま看板を出しているタクシー運転手さんを見つけました。

やりとりが的確で礼儀正しく、一度近場で使ってみたらいい感じでした。

なので、今回カンチャナブリをお願いしました。

アソーク以外でも、ホテルのフロントや31パクソイなどでもレンタルタクシーの看板を見たことがあります。人を見極める目が必要ですが、フィーリングの合う運転手さんが見つかると心強い旅の味方になってくれます。

機会があって良さそうな運転手さんが見つかれば、ぜひ試してもらえたらと思います。

この記事をシェア

Mayita (Mayita Bangkok)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD