【コンビニ活用】いつでも買える!食べやすい!エスニックなお土産8選

TRAVEL19.08.30

この記事をシェア
【コンビニ活用】いつでも買える!食べやすい!エスニックなお土産8選

こんにちは、Mayitaです。

帰国の準備をしていて、

お土産がなんとなく足りないと思うとき、ありませんか?

そんな時のため、スクンビット39にあるごく普通のコンビニにて、お土産物を調査してみました。

店内での撮影にて、写真がちょっと暗めなのですが、

ほぼ全て値段もわかるように撮ってあります。

臨場感を持って見てもらえたら光栄です!

 

まずは鉄板のタイ限定味のポッキー!

コンビニでもザ• お土産がちゃんと買える安心感。

10パック入り、139バーツ(483円)。

これでばらまき保険はばっちりです。

 

ちょっと勇気があるかたは、トムヤムクン味のトッポが最近出ました。20バーツ(70円)。

意外と、食べれるお味です。(個人調べ)

面白いもの好きならぜひ!

 

ドライフルーツなども売っていますが、

食材として優秀なのがドライココナッツです。35バーツ(121円)。

そのまま食べてもよし。

グラノーラにまぜるとココナッツの甘い匂いがほんのりして、おいしいです。

ドライフルーツ系で健康的!

オクラです。45バーツ(156円)。

ビジュアル的にも面白いし、野菜をまるごと食べれるって楽しい。

赤ちゃんのおやつにしているのを見たこともあります。

 

さて、ここからが本番です。難易度高めのエスニック食材!!

タイらしい食材で、日本人の口にも受け入れられそうなものを探してみました。

 

まずは、定番の調味料。

嬉しいミニサイズ。

ナンプラー、タオチャオ、椎茸醤油などのミニサイズ版。

大きいともらった側は困ることもありますので、良いサイズですね!

声を大にしておススメしたいのは、

17バーツ(59円)のマギーソース、

目玉焼きにめちゃめちゃ合うのでおススメです!

椎茸醤油はだし入り醤油のような感じで好きですし、タオチャオはちょっとエスニックな味噌炒めになるのでバンコク主婦的には大好きです。

 

次は、ジョークというおかゆです。

タイは辛い乾麺(ママー)が有名ですが、結構辛いので…

こちらは優しいお味。

※カオトムもおかゆですが、米の細かさが違います。ジョークのほうが細かいです。

 

だしがきいていて朝食、間食、辛いものに疲れたとき、病み上がりなどに良いと思います。

こちらはチキン味。15バーツ(52円)。

フィッシュ、ポークなどもあります。

ちょっと変わり種も。ラープ味、トムヤム味。11バーツ(38円)。

お湯を注ぐだけのカップ版もありますが、袋売りの方がトランクのスペースを食わないので好きです。

 

ちょっとトランクの重さに余裕があるなら、日本で流行っているサバ缶 21バーツ(73円)はいかがでしょうか?

タイ文字や色合いが可愛く、ジャケ買いしたくなるこのサバ缶。

パスタにかけるだけ!など超簡単料理ができます。

 

料理好きな方には、フライドガーリック41バーツ(142円)や、ココナツシュガーシュガーなども売っています。

ココナツシュガーは意外と栄養価が高くとても体に良いお砂糖だそうです。

コンビニで入手できるのに、意外と料理好きな方は喜ばれるので嬉しい!

 

余談ですが、ふしぎな卵が近くに売っているかも。

鮮やかなピンク色などをしています。これはピータンやカイケム(塩卵)です。

特にカイケムはおいしくて好きですが、お土産にはむかない…ですよね!

是非最近はやりのカイケム味のポテトチップスなどでチャレンジしたい気持ちを満たしていただけたらと思います…

 

いかがでしたか?

バンコクでの生活をもとに、

できるだけ一般受けしそうな、お口に合いそうなものを選んでみました。

もらった人が喜んだり、楽しめるようなお土産が見つかるといいですね!

 

それでは、また〜!

 

 

※ 1バーツ=3.47円で計算

 

この記事をシェア

Mayita (Mayita Bangkok)のその他の記事

VIEW ALL

関連記事

SEARCH
RANKING
ARTICLE
CURATOR
TRAVEL INFO
KEYWORD